コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアロ登場

デジタル大辞泉プラスの解説

ポアロ登場

英国の作家アガサ・クリスティのミステリー短編集(1924)。原題《Poirot Investigates》。“灰色の脳細胞”を駆使するベルギー人の名探偵エルキュール・ポアロの活躍を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android