活躍(読み)カツヤク

  • かつやく クヮツ‥
  • かつやく〔クワツ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 勢いよくおどること。活発にはねまわること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「苦しがって羽根を振(ふる)って一大活躍を試みる事がある」
② 大いに手腕をふるうこと。大いに活動すること。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一三「其慓悍が今蒙古と新しい関係が付いた為、頗る活躍してゐる」
③ 生き生きと活動すること。躍動。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉四「これまで私の述べ来った諸種の事情を背景として読む時は、多少当時の光景を活躍せしむるに足るのみならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活躍の関連情報