活躍(読み)かつやく

精選版 日本国語大辞典「活躍」の解説

かつ‐やく クヮツ‥【活躍】

〘名〙
① 勢いよくおどること。活発にはねまわること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「苦しがって羽根を振(ふる)って一大活躍を試みる事がある」
② 大いに手腕をふるうこと。大いに活動すること。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一三「其慓悍が今蒙古と新しい関係が付いた為、頗る活躍してゐる」
③ 生き生きと活動すること。躍動。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉四「これまで私の述べ来った諸種の事情を背景として読む時は、多少当時の光景を活躍せしむるに足るのみならず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「活躍」の解説

かつ‐やく〔クワツ‐〕【活躍】

[名](スル)
めざましく活動すること。「社会の第一線で活躍する」
勢いよく躍りはねること。
「無用の長物を利用して一大―を試みた所が」〈漱石吾輩は猫である
[類語]奮闘奔走刻苦精進粉骨砕身活動動き運動行動生動蠢動しゅんどう躍動奔走動く動き回る働く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android