コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポット苗 ポットナエ

デジタル大辞泉の解説

ポット‐なえ〔‐なへ〕【ポット苗】

プラスチック製の容器で栽培した植物の苗。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のポット苗の言及

【苗】より

…接木や挿木によって繁殖を行う作物では,繁殖に適した環境の下で増殖した個体(苗)を畑に移植するのが普通であるが,種子繁殖を行う作物では,苗床に種子をまき,苗を育てて畑に移植する移植栽培のほかに,畑に直接種子をまく直まき栽培を行うこともできる。近年では,移植の際に根が切断されたり,植えいたみが起こらないように多くの種類でポット苗を育てている。【杉山 信男】
[林業用の苗木]
 実生苗が90%以上を占め,残りはほぼ挿木苗であるが,特別な用途には接木苗も使われ,また取木苗,伏条苗(樹木の根もとに近い枝を押し下げて土をかけて発根させた苗木)などもある。…

※「ポット苗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポット苗の関連キーワード苗木(若くて小さな木)グリーンプロジェクト田植機

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポット苗の関連情報