コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロアクチュエータ micro actuator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロアクチュエータ
micro actuator

マイクロロボット用アクチュエータ。顕微鏡下での細胞ハンドリングや半導体チップの取り扱い用の超小型ハンドを構成するものである。マイクロアクチュエータの原理としては,静電力,光と熱,圧電効果超音波高分子ゲルの延伸性を用いたものなどがあり,実用化が期待されている。半導体製造技術によって作られた静電モータには,直径が約 100μm,厚さ数μmのものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マイクロアクチュエータの関連キーワードマイクロマシニングマイクロロボット先端ロボット技術

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android