コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロワールド

1件 の用語解説(マイクロワールドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

マイクロワールド

米国の作家マイクル・クライトンの長編SF(2012)。原題《Micro: A Novel》。クライトンの死後、リチャード・プレストンが完成させた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマイクロワールドの言及

【CAI】より

…また,システムの一部にゲーム的な要素を組み込むことがある。(3)マイクロワールド マイクロワールドは,マサチューセッツ工科大学(MIT)のパパートS.Papert(1928- )によって開発されたLOGOに代表されるシステムである。知識は学習者自身が構成するものであるとの立場から,学習者の直観的な行為を重視し,発見的な学習の支援を目指している。…

※「マイクロワールド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイクロワールドの関連キーワードパイレーツプレイ失われた黄金都市エアフレーム/機体エデンの妙薬五人のカルテスフィア/球体ターミナル・マンパイレーツ/掠奪海域プレイ/獲物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロワールドの関連情報