死後(読み)しご

精選版 日本国語大辞典「死後」の解説

し‐ご【死後】

〘名〙 死んだあと。没後。
※将門記(940頃か)「放逸の報ひ、則ち死後の媿を示せり」
※太平記(14C後)七「尸(かばね)を軍門に曝す共名を後代に残さん事、生前の思出、死後の名誉たるべし」

しに‐あと【死後】

〘名〙 死んだあと。特に、配偶者が死んだあとをいう。しご。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二八「孔子嗅(くさ)うて寄懸る山 死あとを思へば夢の枕蚊屋」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android