死後(読み)しご

精選版 日本国語大辞典「死後」の解説

し‐ご【死後】

〘名〙 んだあと。没後
※将門記(940頃か)「放逸の報ひ、則ち死後の媿を示せり」
※太平記(14C後)七「(かばね)を軍門に曝す共名を後代に残さん事、生前の思出、死後の名誉たるべし」

しに‐あと【死後】

〘名〙 死んだあと。特に、配偶者が死んだあとをいう。しご
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二八「孔子嗅(くさ)うて寄懸る山 死あとを思へば夢の枕蚊屋」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android