マギー マラン(英語表記)Maguy Marin

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
振付師,元バレリーナ

国籍
フランス

生年月日
1951年6月2日

出生地
トゥールーズ

受賞
フランス文化賞国家大賞〔1983年〕,ニオン国際振付コンクール金賞〔1977年〕,バニョレ国際振付コンクール金賞〔1978年〕

経歴
8歳からトゥールーズのコンセルヴァトワールでダンスのレッスンを始める。ストラスブール・オペラ・バレエ団にセミ・ソリストとして入団した後、モーリス・ベジャールの学校、ムードラに入るがミシャ・ヴァン・ヌックに認められて彼の率いるダンスグループの設立に参加。再びモーリス・ベジャールの20世紀バレエ団に戻り、多くの重要な役を演じる。1976年頃から振付けを始める。’77年ダニエル・アンバシュと共に自分のカンパニー、バレエ・テアトル・ドゥ・ラルシュを創立。主な作品には「ニノのニエグラ」(’78年)「少女と死」「動物園」(’79年)「メイビー」(’81年)「サンドリヨン」(’85年)「7つの大罪」(’87年)「レボルシオン」(’89年)「ワーテルゾーイ」(’93年)など。’90年カンパニー・マギー・マランを率いて来日、「レボルシオン」を上演

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android