マクスウェルの速度分布則(読み)まくすうぇるのそくどぶんぷそく

世界大百科事典内のマクスウェルの速度分布則の言及

【気体分子運動論】より

…マクスウェルはこの点に注目し,気体分子の速度分布が空間座標のx,y,z方向で独立であると仮定し,分子の速度分布を記述する法則を1860年に導いた。これをマクスウェルの速度分布則(マクスウェル=ボルツマン分布)という。ところで,気体分子が容器の壁に衝突してはね返されると,分子は壁に力を及ぼす。…

【統計力学】より

…分子の並進速度の直交3成分vx,vy,vzは互いに独立な確率変数で同形の分布をもつとして,の形の分布則を得た。この速度分布則をマクスウェルの速度分布則と呼ぶ。彼は,各分子の運動はニュートン力学に従うとして,平均自由行程λ=1/(πa2n),状態方程式p=1/2nmα2を得た。…

【マクスウェル=ボルツマン分布】より

…ただし,は粒子の運動エネルギーであり,mは粒子の質量,kはボルツマン定数である。(1)の速度分布をマクスウェルの速度分布則という。これは最初J.C.マクスウェルによって与えられたものであり,のち,L.ボルツマンによって一般化された。…

※「マクスウェルの速度分布則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android