コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッシャーブルム[山] マッシャーブルム

百科事典マイペディアの解説

マッシャーブルム[山]【マッシャーブルム】

カラコラム山脈の山。K2山の南西32km。双頭主峰は標高7821m。1960年米国・パキスタン隊が初登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マッシャーブルム[山]【Masherbrum】

カラコルム山脈の中央やや南寄りを東西に連なるマッシャーブルム山脈の主峰で,標高7821m。バルトロ氷河の南側にそびえる顕著な山容は1856年初めてバルトロ氷河に入ったアドルフ・シュラーギントワイト以来多くの探検家の注意を引いてきた。登攀は南のフーシェ川源流をなすマッシャーブルム氷河から試みられ,1938年,55年,57年の3回の失敗のあと,60年7月6日アメリカ・パキスタン合同登山隊が初登頂に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッシャーブルム[山]の関連キーワードカラコルム山脈

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android