主峰(読み)しゅほう

精選版 日本国語大辞典「主峰」の解説

しゅ‐ほう【主峰】

〘名〙 その山脈や山塊の中の主だった峰。また、いちばん高い山。
(1940)〈川田順〉巻末小記「これからが一倍困難だ。行く手に主峰が屹立してゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android