コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトープ metope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトープ
metope

建築用語。ドーリス式建築のエンタブラチュアのフリーズ中で小支柱 (→トリグリフ ) にはさまれた小壁面で,レリーフ彫像が飾られる場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のメトープの言及

【ギリシア美術】より

…また上にトリグリュフォスがのる所には,タイニアの下に6個の木栓のような形をした露玉装飾(グッタ)をつけたレグラがつけられる。フリーズには,やげん形の縦溝で3本の縦棒のように見えるトリグリュフォスと,ほぼ正方形の浮彫石板(メトープ)が交互に並べられる。トリグリュフォスの中心線は,柱の中心線上と柱間の中央に置かれるのが原則であるが,両端の柱の上にあるトリグリュフォスは,中心を柱中心とそろえるのではなく,フリーズの端に置かれることになっている。…

※「メトープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

メトープの関連キーワードシマノフスキ:メトープデルフィ考古博物館ドーリス式オーダーエルギン・マーブルアルカイック美術アテネ人の宝庫ギリシア美術パルテノントスカナ式オーダーブル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android