コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヒルギ

百科事典マイペディアの解説

メヒルギ

ヒルギ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メヒルギ
めひるぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメヒルギの言及

【ヒルギ(漂木)】より

…ヒルギ科Rhizophoraceaeの樹木の総称で,熱帯のマングローブ林の主構成種。低木から樹高30m以上の高木まであり,幹または太い枝から気根を垂れ,泥中に入って支柱となるか(ヤエヤマヒルギ),または膝状の呼吸根を出す(アカバナヒルギ,メヒルギ)(イラスト,イラスト)。この支柱根および膝状の根の露出部分には大きな皮目があり,大気中の酸素を根に供給する役をなしている。…

※「メヒルギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

メヒルギの関連キーワードヒルギ(漂木)マングローブ漂木・蛭木奄美(市)沖縄(県)中種子町西之表市胎生種子ヒルギ類琉球笄仲間川雄蛭木熊野浦大蛭木蛭木喜入漫湖胎生住用