ヤブロノイ[山脈](読み)ヤブロノイ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブロノイ[山脈]【Yablonovyi khrebet】

ロシア連邦南東部,東シベリアのザバイカル地方にある山脈。バイカル湖に並行して北東~南西に走り,長さ650km,標高1200~1600mの中山性山脈で,最高点は1702m。花コウ岩,砂岩結晶片岩などからなり,標高1200~1400mまではカラマツ,モミなどのタイガが山腹を覆い,それ以上は山地性のツンドラや裸地となる。また雨量が少ない広い谷には草原が広がる。ヤブロノイ山脈北極海へ流れるエニセイ川レナ川オホーツク海へ流れるアムール川水系の分水界に当たる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android