コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レアシュガー れあしゅがー Rare Sugar

2件 の用語解説(レアシュガーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

レアシュガー

炭水化物を分解して得られる糖の最小単位である単糖及びその誘導体のうち、自然界に存在する量が少ないもののこと。「希少糖」とも呼ばれる。体系的生産研究は、香川大学農学部の何森健教授が1991年に発見した微生物が作る酵素に始まるとされる。日本で使用されているレアシュガーは、エリスリトールキシリトール、D-プシコースなどで、甘味料や食品添加物として用いられている。中でもD-プシコースは、食後血糖値上昇抑制作用・脂肪蓄積抑制作用・動脈硬化予防作用など数々の効能を及ぼすとの研究結果が報告されており、砂糖の代わりとして、またサプリメントとして用いられるようになっている。

(2013-10-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レア‐シュガー(rare sugar)

希少糖

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レアシュガーの関連キーワードラスタ消化酵素炭水化物転化糖グリコーゲンローディングカーボローディングデキストラナーゼ炭水化物分解試験不消化炭水化物炭水化物分解酵素

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レアシュガーの関連情報