コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイモンド・チャンドラー れいもんど・ちゃんどらー Raymond Chandler

1件 の用語解説(レイモンド・チャンドラーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

レイモンド・チャンドラー

米国の推理小説家・脚本家。1888年、イリノイ州シカゴに生まれる。両親の離婚により母と共に渡英し、ロンドン郊外に移り住む。フランスドイツに遊学後、1907年に帰国してイギリス国籍を取得し、ジャーナリストとなる。12年、アメリカへ戻り南カリフォルニアに住む。第1次世界大戦中は軍隊に服役し、戦後は石油会社に勤める。24年に絵画モデルのシシー・パスカルと結婚。その後、小説家になることを決意し、パルプマガジン(大衆小説雑誌)「ブラックマスク」や「ダイム・ディテクティブ」に小説を発表する。デビュー作は33年にブラック・マスク誌に掲載された『脅迫者は射たない』。
39年、私立探偵フィリップ・マーロウ主人公とする処女長編『大いなる眠り(原題The Big Sleep)』を発表し、人気を博す。以後、40年に『さらば愛しき女よ(原題Farewell, My Lovely )』、42年に『高い窓(原題The High Window)』、53年に『長いお別れ(原題The Long Goodbye)』など、マーロウシリーズの長編を発表し、ダシール・ハメットらと並ぶハードボイルドの代表的作家の地位を築き、マーロウはハードボイルド探偵の代名詞と評されるようになった。
チャンドラーは、49年に発表した『かわいい女(原題The Little Sister)』、58年の『プレイバック(原題Playback)』を含め、生涯に7作の長編と24作の中短編を残し、中でも『さらば愛しき女よ』と『長いお別れ』は傑作とされている。長編は何度も映画化されており、ディックパウエルロバートミッチャムハンフリーボガートら名優がマーロウを演じている。
40年代には自らハリウッド映画の脚本化として創作を始め、43年にビリー・ワイルダー監督との共作による「深夜の告白(原題Double Indemnity)」を公開し、アカデミー賞ノミネートされる。46年に公開された「ブルーダリア/青い戦慄(原題The Blue Dahlia)」は、チャンドラー唯一のオリジナル脚本作品で、2度目のオスカー候補作品となった。
54年、妻が亡くなると、傷心により深い抑うつ状態となり、アルコール中毒や複数の健康上の問題を抱えた。59年、カリフォルニア州ラホヤにて死去。
日本では、チャンドラーの長編は『大いなる眠り』を除き清水俊二による翻訳で広く読まれてきた。チャンドラーから影響を受けた作家の1人、村上春樹は、自ら作家として最も影響を受けた作品の一つとする『ロング・グッドバイ』を2007年に翻訳出版したのを最初に、チャンドラーの作品の新訳に取り組んでいる。12年に刊行された文藝春秋『東西ミステリーベスト100』では、6位に『長いお別れ/ロング・グッドバイ』がランクインした。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイモンド・チャンドラーの関連キーワードアイリッシュシャーロッキアン本格推理小説アンチミステリーバンダインメタミステリーワトソン役筋運びイナイ×イナイ/PEEKABOOタカイ×タカイ/CRUCIFIXION

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レイモンド・チャンドラーの関連情報