コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レボルビングバック revolving back

デジタル大辞泉の解説

レボルビング‐バック(revolving back)

大型カメラのフィルム装着部が回転できる機構を指す。横位置と縦位置の構図を簡単に切り替えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

レボルビングバック

 元来、スタジオ用の大型カメラではヨコ位置とタテ位置の切り替えを行うのに、フィルムバック部を90度回転させていた。これがレボルビングバックの起源で、いまでもスタジオ撮影で使う中判一眼レフなどにはレボルビングバックを装備したものがある。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android