機構(読み)キコウ

デジタル大辞泉の解説

機械などの諸部分が互いに関連して働く仕組み。機械の内部構造。メカニズム。
会社・団体などの、組織。また、その組織の仕組み。「官僚機構」「機構改革」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 機械などの内部のしくみで、諸部分が互いに関連をもって働くもの。からくり。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉九「芥、薺、蘿蔔等は花果の機搆之と同一ならざれども」
② 多くの人が集まって社会的な仕事をする時などの仕事の組織。
※日の出前(1946)〈太宰治〉「質屋といふものの存在、機構を知ったのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

機構の関連情報