機構(読み)きこう

精選版 日本国語大辞典「機構」の解説

き‐こう【機構】

〘名〙
① 機械などの内部のしくみで、諸部分が互いに関連をもって働くもの。からくり。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉九「芥、、蘿蔔等は花果の機搆之と同一ならざれども」
② 多くの人が集まって社会的な仕事をする時などの仕事の組織
※日の出前(1946)〈太宰治〉「質屋といふものの存在、機構を知ったのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「機構」の解説

き‐こう【機構】

機械などの諸部分が互いに関連して働く仕組み。機械の内部構造。メカニズム
会社・団体などの、組織。また、その組織の仕組み。「官僚機構」「機構改革」
生物体が生命を維持するための仕組み。「免疫機構
[類語]仕組みメカニズム仕掛け機関構造制度組織

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android