レンチナン

世界大百科事典内のレンチナンの言及

【制癌薬】より

…一般には免疫療法剤に分類されることが多い。同様にシイタケから分離されたレンチナンもこの群に属するものである。また結核菌から調製された丸山ワクチンも免疫製剤として利用されているが,その効力性については明らかではない。…

※「レンチナン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android