コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスビー循環 ロスビーじゅんかん

2件 の用語解説(ロスビー循環の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ロスビーじゅんかん【ロスビー循環】

回転流体中にみられる大規模波動を伴う循環。中緯度の偏西風帯にみられ、渦による熱輸送が特徴。 → ハドリー循環

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ロスビー循環【Rosby circulation】

水平温度傾度をもった成層安定回転流体にみられる,波動を伴った循環をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロスビー循環の言及

【大気大循環】より

…つまり,ジェット気流や3細胞子午面循環の生成には大気じょう乱が重要な役割を果たしているわけである。このように大循環がじょう乱の発達した状態のもとにあることをロスビー体制,そのときの大循環をロスビー循環という。ハドリー体制になるかロスビー体制になるかは,南北気温差と地球の自転速度の組合せできまるが,現在の地球上の大循環はロスビー体制のもとにあるわけである。…

※「ロスビー循環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロスビー循環の関連キーワード流体の運動方程式傾度転流平温安定板境膜係数クロ単位ケルヴィンの最小エネルギー理論ブラント‐ヴァイサラ振動ロスビー数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone