ロデス(読み)ろです(英語表記)Rodez

日本大百科全書(ニッポニカ)「ロデス」の解説

ロデス
ろです
Rodez

フランス南部、アベイロン県の県都。人口2万3707(1999)。アベイロン渓谷沿いの標高632メートルの丘上を占める。ローマ時代からの古都で、401年司教座が置かれ、フランス革命が起こる1789年まではルエルグ伯爵領の中心都市であった。13~16世紀ゴシック様式のノートル・ダム大聖堂、ロマネスク様式の教会などが残る。農産物取引、磁器製造、自動車アクセサリー製造などが行われる。

[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロデスの言及

【ロデズ】より

…フランス南西部,アベーロン県の県都。ロデスともいう。人口2万4368(1982)。…

※「ロデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android