コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロトスコープ ロトスコープrotoscope

1件 の用語解説(ロトスコープの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロトスコープ(rotoscope)

実写映像を一こまずつトレースして絵図を制作し、アニメーション映像にする技法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のロトスコープの言及

【フライシャー兄弟】より

…しかしその中には,ときとして胸をつかれるような苛烈(かれつ)な愛と哀しみが点綴(てんてつ)され,ユダヤ系作家の人間観がかいま見える。また,デーブが開発した〈ロトスコープ〉(実写の動作をアニメーションにひきうつす方法)をはじめ,扇形のミニチュアの前にセルを立て,移動の背景に立体感を出す方法など,科学好きのフライシャー兄弟が1940年までに取ったパテントは,75にも及ぶという。長編第1作《ガリヴァー旅行記》(1939)は平板なできだが,原作の知名度で観客を集めた。…

※「ロトスコープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロトスコープの関連情報