技法(読み)ぎほう

  • ぎほう ‥ハフ
  • ぎほう〔ハフ〕

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

技術的な方法や手法のことで、技能を、ある目的を達成するために最適化された手順で活用したもの。技能が能力をさしているのに対し、技法は技能の使い方の手順を含んだものをさす。たとえば、聞き取りをする能力をヒアリングの技能というのに対し、まずクローズド・クエスチョンで絞り込んでからその理由をオープン・クエスチョンを投げ掛けて意図する内容を聞き出すという手順は、質問技法とよぶことができる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

芸術・スポーツなどで、技術上の方法。手法。テクニック。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 芸術やスポーツなどで、そのやり方、方法。手法。
※西行(1942)〈小林秀雄〉「即興は彼の技法の命であって、放胆に自在に、平凡な言葉も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技法の関連情報