コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロビー活動 ろびーかつどう lobbying

4件 の用語解説(ロビー活動の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ロビー活動

個人や団体が政治的影響を及ぼすことを目的として行う私的活動のこと。1869~77年に活動したユリシーズ・S・グラント大統領の時代、ホテルロビーでくつろぐ大統領に陳述を行ったのが本格的ロビー活動始まりと言われ、語源もこれに由来するとされる。ロビー活動を行う団体には業界団体、財界団体、職業団体などがあり、それぞれの利益のために官僚や政治家、公務員などに陳情・圧力・献金など多様な活動を行う。著名なロビー団体として、米国におけるユダヤ系の団体である「イスラエルロビー」、米ライフル協会(NRA)などがある。13年には、オリンピック競技種目への残留をかけて各競技協会などが国際オリンピック委員会に対しロビー活動を行い、出遅れたレスリングが除外対象となったことで話題となった。

(2013-2-15)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロビー‐かつどう〔‐クワツドウ〕【ロビー活動】

政治家に対して行われる各種団体や陳情団などの働きかけ。ロビー活動を行う人をロビイストという。ロビイングロビーイング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロビーかつどう【ロビー活動】

特定の利益をはかるために議員・官僚・政党などにはたらきかけ、政治的決定に影響を及ぼそうとする院外活動。特にアメリカにおけるものをいい、議会ロビーにおける議員への陳情だけでなく、世論の形成・動員までも含める。ロビイング。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビー活動の関連キーワードアンカリング効果圧力団体及ぼす凶星弊害推及ぼす遡及確定的影響確率的影響地方公務員の政治献金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロビー活動の関連情報