ロンスキアン(英語表記)Wronskian

世界大百科事典 第2版の解説

ロンスキアン【Wronskian】

n階線形微分方程式,においてp1(x),……,pn(x)はある区間Iで連続とする。(1)のn個の解y1(x),……,yn(x)から作られる行列式,をそれらの解のロンスキアン,または[ロンスキH.J.M.Wronski(1778‐1853)]の行列式という。これについては,Iに含まれる任意のx0,xに対し,という関係が成り立つ。このことからロンスキアンがあるxに対して0となれば,じつは恒等的に0であることがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android