コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンスキアン Wronskian

世界大百科事典 第2版の解説

ロンスキアン【Wronskian】

n階線形微分方程式,においてp1(x),……,pn(x)はある区間Iで連続とする。(1)のn個の解y1(x),……,yn(x)から作られる行列式,をそれらの解のロンスキアン,または[ロンスキH.J.M.Wronski(1778‐1853)]の行列式という。これについては,Iに含まれる任意のx0,xに対し,という関係が成り立つ。このことからロンスキアンがあるxに対して0となれば,じつは恒等的に0であることがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロンスキアンの関連キーワード行列式

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android