コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンスキアン Wronskian

世界大百科事典 第2版の解説

ロンスキアン【Wronskian】

n階線形微分方程式,においてp1(x),……,pn(x)はある区間Iで連続とする。(1)のn個の解y1(x),……,yn(x)から作られる行列式,をそれらの解のロンスキアン,または[ロンスキH.J.M.Wronski(1778‐1853)]の行列式という。これについては,Iに含まれる任意のx0,xに対し,という関係が成り立つ。このことからロンスキアンがあるxに対して0となれば,じつは恒等的に0であることがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロンスキアンの関連キーワード行列式

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android