ロンスキアン(英語表記)Wronskian

世界大百科事典 第2版の解説

n階線形微分方程式,においてp1(x),……,pn(x)はある区間Iで連続とする。(1)のn個の解y1(x),……,yn(x)から作られる行列式,をそれらの解のロンスキアン,または[ロンスキH.J.M.Wronski(1778‐1853)]の行列式という。これについては,Iに含まれる任意のx0,xに対し,という関係が成り立つ。このことからロンスキアンがあるxに対して0となれば,じつは等的に0であることがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android