ローペ・デ・ベガ(読み)ローペデベガ

世界大百科事典内のローペ・デ・ベガの言及

【ベガ】より

…スペインの劇作家。ローペ・デ・ベガとも呼ぶ。国民演劇の創始者で,カルデロンとともに〈黄金世紀〉を代表する。…

【ベレス・デ・ゲバラ】より

…生涯に400編(うち80編が現存)の戯曲を書き,そのジャンルは聖人伝,史劇,幕間狂言,聖餐神秘劇など多岐にわたっている。文体がローペ・デ・ベガのそれに酷似しており,彼との間に〈原作者〉の問題もおこるほどであったが,《ラベーラの山家娘》は,同じ題名のローペの作を凌ぐできと評された。彼の名声を高めたのは《王は血より重し》《死後に君臨す》の二つの史劇である。…

【ルイス・デ・アラルコン】より

インディアス枢機会議の記録官を務めた。背が低く,せむしであったことを当時の文人たち(ローペ・デ・ベガ,ゴンゴラ,ケベードら)から嘲弄された。そのためか,彼の作品では精神的な美しさが強調され,外見のよい人間はどこかに欠陥のある人物として描かれている。…

※「ローペ・デ・ベガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android