コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンケルエンジン

1件 の用語解説(ワンケルエンジンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ワンケルエンジン

ロータリーエンジン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のワンケルエンジンの言及

【ロータリーエンジン】より

…直線運動をするピストンとクランク機構の組合せによる一般の往復式ピストンエンジンに対比される。この種のエンジンの構想には古くからいろいろなものがあったが,実用化されたものは,第2次世界大戦後ドイツの技術者ワンケルFelix Wankelによって発明されたワンケルエンジンのみで,ロータリーエンジンはワンケルエンジンの代名詞となっている。 ワンケルエンジンは,ケーシング(ローターハウジング)の内周面輪郭を2節ペリトロコイド曲線,ケーシング内を運動する回転ピストン(ローター)の輪郭をその3葉内包絡線としたもので,ローターはその3個の頂点がつねにケーシング内面に接しながら回転する。…

※「ワンケルエンジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone