コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一乗止観院 イチジョウシカンイン

2件 の用語解説(一乗止観院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちじょうしかん‐いん〔イチジヨウシクワンヰン〕【一乗止観院】

延暦(えんりゃく)寺の古称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の一乗止観院の言及

【延暦寺】より

…東大寺で受戒した最澄は785年世の無常を感じて比叡山に登り草庵生活に入った。そして788年,薬師仏像を小堂に安置し,比叡山寺あるいは一乗止観院と号した。これが当寺のはじまりである。…

【比叡山】より

… 南部の比叡平(大津市)は花コウ岩からなる標高300~400mの小起伏面で,現在宅地開発がすすめられているが,崖崩れや雨による土壌浸食など防災面での問題が残っている。【井戸 庄三】
[歴史]
 もとは大比叡神,小比叡神をまつる山岳信仰の山であったが,715年(霊亀1)ころ藤原武智麻呂が禅院をたて,その後788年(延暦7)に最澄がこの地を修行の場として一乗止観院を建立して以来,天台宗の本拠地となった。平安京の北東に位置し,鬼門(艮(うしとら))にあたるところから,王城鎮護の山として信仰された。…

※「一乗止観院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone