コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一九 いっく

世界大百科事典内の一九の言及

【十返舎一九】より

…江戸後期の黄表紙・洒落本・滑稽本・合巻作者。本名は重田貞一,通称は与七。十偏舎,十遍舎とも書く。駿河府中で武士の子として生まれ,若くして江戸に出て武家奉公をするが,まもなく大坂に移り,商家の養子となり,25歳で浄瑠璃《木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまがつせん)》(1789初演)を若竹笛躬(ふえみ),並木千柳と合作している。1794年(寛政6)江戸に帰り,書肆蔦屋重三郎方に寄食し,翌95年《心学時計草》など黄表紙3部を出版,戯作者として登場する。…

※「一九」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一九の関連キーワード「上海グランド」サンタルチアロマン派音楽新拾遺和歌集なまよみの這ひ徘徊るテディベア下がり取り婦人参政権『或る女』十返舎一九足を空に弥次喜多真広け姿吹き鳴す八重の遠間を配る大隈重信街頭にて千早ぶ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一九の関連情報