コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一応の推定 いちおうのすいてい

デジタル大辞泉プラスの解説

一応の推定

広川純の小説。ベテラン保険調査員がある老人の死の真実を追うミステリー。2006年、第13回松本清張賞を受賞し、同年刊行。2009年、WOWOWでドラマ化。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の一応の推定の言及

【推定】より

…さらにその子とB男との血液型の背馳がなく,A女が日ごろから素行がよかったという事実が加わると,B男との関係による懐胎の蓋然(がいぜん)性が高くなる。このように高度の蓋然性がある場合に,〈一応の推定〉という言葉が使用されることもある。公害訴訟で,病気の原因物質が分かり,その経路が企業の門前まで到達したことが証明されて,その企業が汚染源であると推定されたが,これなども一応の推定の例である。…

※「一応の推定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一応の推定の関連キーワード医療事故訴訟澤田陸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android