一絞り(読み)ヒトシボリ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐しぼり【一絞り】

ひとしきり雨が降ること。
「―雨は過ぎぬる庭の面に散りて移ろふ萩が花ずり」〈風雅・秋上〉
絞らなければならないほど着物がぬれること。ずぶぬれになること。
「是はいかな事―になった。耳へも水が入る」〈虎寛狂・飛越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとしぼり【一絞り】

ひとしきり雨が強く降ること。 「 -雨は過ぎぬる庭の面に/風雅 秋上
衣服をしぼれば水がしたたり落ちるほどぬれること。びしょぬれになること。 「(川ニハマッテ)私迄-に成りました/狂言・丼礑 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一絞りの関連情報