コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅亡羊 みやけ ぼうよう

2件 の用語解説(三宅亡羊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三宅亡羊

江戸前期の儒者・茶人。和泉生。宗岩の子。名は島、号に寄斎・喜斎・江南等、亡羊は字。大徳寺へ入って儒者となり、藤原惺窩とも交友があったが常師はいない。禁裏・公家衆より尊敬を受け、慶長年間に後陽成天皇より洛北鷹ヶ峰の地を賜わる。茶・香を好み、千宗旦の弟子で四天王の一人。慶安2年(1649)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅亡羊 みやけ-ぼうよう

三宅寄斎(みやけ-きさい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三宅亡羊の関連キーワード春斎春信高倉嗣章橘屋道退難波宗種三浦玄亀三宅擔庵藤波種忠金森重直深尾省斎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone