コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅寄斎 みやけ きさい

2件 の用語解説(三宅寄斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅寄斎 みやけ-きさい

1580-1649 江戸時代前期の儒者,茶人。
天正(てんしょう)8年1月1日(12日とも)生まれ。父は堺五奉行のひとり。京都大徳寺でまなび,藤原惺窩(せいか)に兄事した。諸侯にまねかれ,後陽成(ごようぜい)天皇,後水尾(ごみずのお)天皇にも進講。茶は宗旦(そうたん)四天王のひとりにかぞえられ,香,花もよくした。慶安2年6月18日死去。70歳。和泉(いずみ)(大阪府)出身。名は島。字(あざな)は亡羊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三宅寄斎

没年:慶安2.6.18(1649.7.27)
生年:天正8.1.1(1580.1.17)
安土桃山末期から江戸初期の儒者。出生日は一説に12日とする。幼名信俊,のち島または玄蕃,字を亡羊といい,別に江南野水翁の号を用いた。通称福麿。和泉岸和田(大阪府岸和田市)の人,父は豊臣秀吉の臣。寄斎は著書が伝わらず行状も不明。わずかに『先哲叢談』後編(1830),『間散続録』(写本,慶応義塾大学蔵)からその事績を知るのみ。11歳で父を失い仕官を断念,伏見,京都に遊学。京都大徳寺で読書力行を重ね,藤原惺窩などの師友を得た。生計のため,医業に従事。その学問は漢唐注疏から朱子学に至り,京洛の殿上人や武将に広く信奉され,後陽成,後水尾両天皇にも進講した。石田三成からも招聘されたが,関ケ原の「未然を先識して」避けたという。香,茶,挿花にも秀でた。<参考文献>寺田貞次『京都名家墳墓録』

(ロバート・キャンベル)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三宅寄斎の関連キーワード牧興相弘尊安土桃山時代十人組沢庵松の葉天川伯庵政常古曽部焼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone