コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木自綱 みつき よりつな

朝日日本歴史人物事典の解説

三木自綱

没年:天正15.4.25(1587.6.1)
生年:天文9(1540)
飛騨国(岐阜県)の戦国大名。良頼の子。初名は光頼。左京大夫,大和守,侍従。父良頼以来,飛騨国司家の名跡を継ぎ,姉小路自綱ともいう。元亀3(1572)年父の死で家督を相続。上杉謙信に属す一方で織田信長にも接近し,天正7(1579)年ごろ松倉城を築城。同10年から翌年にかけて江馬氏,広瀬氏らを討ち,飛騨一国をほぼ制圧すると,家督を子の秀綱に譲り,広瀬高堂城へ移る。その後,越中の佐々成政と結んで羽柴(豊臣)秀吉に敵対したため,同13年,秀吉の部将金森長近軍の侵攻を受け,松倉城の落城以前に高堂城を開城して降伏。以後は京都に住した。なお,妻は美濃斎藤道三の娘という。

(谷口研語)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三木自綱の関連キーワード江馬氏城館跡姉小路頼綱高原諏訪城萩原諏訪城江馬下館江馬輝盛帰雲城増島城鍋山城高山城