コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木自綱 みつき よりつな

2件 の用語解説(三木自綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木自綱 みつき-よりつな

姉小路頼綱(あねがこうじ-よりつな)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三木自綱

没年:天正15.4.25(1587.6.1)
生年:天文9(1540)
飛騨国(岐阜県)の戦国大名。良頼の子。初名は光頼。左京大夫,大和守,侍従。父良頼以来,飛騨国司家の名跡を継ぎ,姉小路自綱ともいう。元亀3(1572)年父の死で家督を相続。上杉謙信に属す一方で織田信長にも接近し,天正7(1579)年ごろ松倉城を築城。同10年から翌年にかけて江馬氏,広瀬氏らを討ち,飛騨一国をほぼ制圧すると,家督を子の秀綱に譲り,広瀬高堂城へ移る。その後,越中の佐々成政と結んで羽柴(豊臣)秀吉に敵対したため,同13年,秀吉の部将金森長近軍の侵攻を受け,松倉城の落城以前に高堂城を開城して降伏。以後は京都に住した。なお,妻は美濃斎藤道三の娘という。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone