姉小路頼綱(読み)あねがこうじ よりつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉小路頼綱 あねがこうじ-よりつな

1540-1587 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)9年生まれ。飛騨(ひだ)(岐阜県)高山城主。織田信長とむすび,飛騨を統一。信長の死後,越中(富山県)の佐々成政(さっさ-なりまさ)とともに豊臣秀吉に敵対し,天正(てんしょう)13年戦いに敗れて降伏,京都にのがれた。天正15年4月25日死去。48歳。本姓は三木。号は久安初名は光頼。名は自綱(これつな)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android