コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三沙弥 サンシャミ

デジタル大辞泉の解説

さん‐しゃみ【三弥】

沙弥を年齢によって三つに区分したもの。7歳から13歳までを駆烏(くう)沙弥、14歳から19歳までを応法沙弥、20歳以上を名字(みょうじ)沙弥という。三品(さんぼん)の沙弥。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしゃみ【三沙弥】

〘仏〙 年齢によって沙弥を三区分した称。七歳から一三歳までを駆烏くう沙弥、一四歳から一九歳までを応法沙弥、二〇歳以上を名字みようじ沙弥という。三品さんぼんの沙弥。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android