三つ(読み)ミツ

デジタル大辞泉の解説

み‐つ【三つ】

数の名。二つの次、四つの前の数。さん。みっつ。
3歳。

㋐物の順序で、3番目。
㋑昔の時刻で、一刻を四等分した第三。「丑三つ

みっ‐つ【三つ】

《「みつ」の音変化》
数の名、二つの次、四つの前の数。さん。みつ。3個。
3歳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつ【三つ】

さん。みっつ。物の数を数える時に用いられる。
三歳。
昔の時刻で、一刻を四つに分けた第三。 「丑-時」

みっつ【三つ】

「みつ」の促音添加。三個、また三歳。現代語では、この語形の方が用いられる。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐つ【三つ】

〘名〙 (「つ」は接尾語)
[一] 数の名。さん。
① 一の三倍の数。み。みっつ。助数詞を伴わないで個数を表わす。
※蜻蛉(974頃)下「手を折り侍れば、指(および)みつばかりはいとようふしおきし侍ると」
② 第三。
(イ) 物の順序としての第三番目を表わす。
※古今(905‐914)仮名序「かの御時に、おほきみつの位、柿本人麻呂なむ歌の聖(ひじり)なりける」
(ロ) 奈良、平安時代の定時法における十二辰刻の一つを四等分したものの第三。
③ 三歳。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「この御子みつになり給ふ年」
[二] (「褌」とも書く) 褌(ふんどし)の腰にまわす横の部分と、股下をおおう縦の部分が交差し、丁字形になっているあたりの呼び名。また、相撲で、まわし、またはまわしの部分をいうのに用いる。「たてみつ」「前みつ」など。
雑俳・柳多留‐一五一(1838‐40)「ソレ名虎(なとら)三ツをと笏(しゃく)を握り詰め」

みっ‐つ【三つ】

〘名〙 「みつ(三━)」の変化した語。現代では、独立した形としてはこの形を用いる。
滑稽本・浮世床(1813‐23)初「所で蒲団が三(ミッ)ツ重ねてあるは、ゑいか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三つの関連情報