上昇分化作用(読み)じょうしょうぶんかさよう(英語表記)accession differentiatin, anabatic differentiation

岩石学辞典の解説

上昇分化作用

マグマが深部から上昇する間に行なわれる分化作用[Loevinson-Lessing : 1898].冷却分化作用(cooling differentiation)[Loewinson-Lessing : 1888].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android