下合(読み)カゴウ

精選版 日本国語大辞典の解説

おり‐あ・う ‥あふ【下合】

〘自ハ四〙
① 下りていっしょになる。下りてきて出会う。
満佐須計装束抄(1184)一「中門の口に立ちてかくと申せば、その所の申つぎ、中もんのとよりおりあひて、これへといふなり」
② (戦の場などに)寄り集まる。その場に出会う。
※太平記(14C後)一七「『下合て頸(くび)を取れ』とて、十二三人が程、中村が後(うしろ)へ走り懸りけるを」

か‐ごう ‥ガフ【下合】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android