世の中は三日見ぬ間に桜かな(読み)ヨノナカハミッカミヌマニサクラカナ

大辞林 第三版の解説

よのなかはみっかみぬまにさくらかな【世の中は三日見ぬ間に桜かな】

〔大島蓼太の句〕
世の中の移り変わりの激しいことを、桜の花の散りやすいのにたとえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる