コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二山伯養 ふたやま はくよう

2件 の用語解説(二山伯養の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二山伯養 ふたやま-はくよう

二山時習堂(ふたやま-じしゅうどう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

二山伯養

没年:宝永6.8.20(1709.9.23)
生年:元和9(1623)
江戸前期の儒者。名は義長,伯養は字。通称は孫三郎。時習堂と号す。石見(島根県)の人。年少の時江戸に出て,壮年豊後(大分県)岡藩主中川氏に仕えたが,間もなく辞し市井に過ごした。致仕後,道を求めて,初め仏教を好み,ついで王陽明の説を奉じたが,疑問を抱き朱子学に帰した。その変遷の成果として『朱王学弁』がある。その篤学慎行を,当時世間では中江藤樹に比したという。朱子の『文公家礼』にひたすら準拠し,平生在宅のときも礼服である裃を着けていたという。その妻三(省君)も学才があり,世間では夫婦ともに才学ある者として貝原益軒と並び称したという。牛込宗参寺に葬る。<参考文献>原念斎『先哲叢談』3巻

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二山伯養の関連キーワード三宅亡羊春斎春信三浦玄亀三宅擔庵荻生青山久津見華岳二山時習堂淵伯養山名雲巌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone