コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二山時習堂 ふたやま じしゅうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二山時習堂 ふたやま-じしゅうどう

1623-1709 江戸時代前期の儒者。
元和(げんな)9年生まれ。二山三の夫。江戸で豊後(ぶんご)(大分県)岡藩主中川氏につかえたが,辞して市井の学者となる。仏教,道教を,ついで陽明学を信奉したが,のち朱子学に転じ「朱王学弁」をあらわす。まじめな行いと学問熱心で中江藤樹にくらべられた。宝永6年8月20日死去。87歳。石見(いわみ)(島根県)出身。名は義長。字(あざな)は伯養。通称は弥三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二山時習堂の関連キーワード二山遊翁二山伯養儒者

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android