中期(読み)ちゅうき(英語表記)metaphase

翻訳|metaphase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中期
ちゅうき
metaphase

細胞の有糸核分裂の際の前期に続く時期核膜が見えなくなり仁が消失し,染色体赤道面に並ぶ時期。時間的には他の時期より短いが,染色体は最も凝縮して太く短くなり,しかもほぼ一平面上に集中しているので,数や形を調べるのに適する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐き【中期】

中間の時期。一定期間を3区分したときの2番目の期間。「室町中期

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうき【中期】

一区切りの時期の中ごろ。中間の時期。 「平安時代の-」
長期と短期との中ほどの長さの期間。
中限なかぎり」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中期の関連情報