中期(読み)ちゅうき

精選版 日本国語大辞典「中期」の解説

ちゅう‐き【中期】

〘名〙
① ある程度以上の長さの連続した時を三区分した場合の二番目の期間。なかほどの時期
※授業編(1783)一〇「然れども中季(チウキ)より後は氏族の分たたず、姓氏も亦混称す」
② 長期清算取引で、翌月末受渡しの契約のもの。中限(ちゅうぎり・なかぎり)
※東京日日新聞‐明治二六年(1893)一月五日「折を得たりとや籾山氏は中期と先物とを売り進みたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中期」の解説

ちゅう‐き【中期】

中間の時期。一定期間を3区分したときの2番目の期間。「室町中期

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「中期」の解説

中期
ちゅうき
metaphase

細胞の有糸核分裂の際の前期に続く時期。核膜が見えなくなりが消失し,染色体赤道面に並ぶ時期。時間的には他の時期より短いが,染色体は最も凝縮して太く短くなり,しかもほぼ一平面上に集中しているので,数やを調べるのに適する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android