コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二荒山 フタラサン

大辞林 第三版の解説

ふたらさん【二荒山】

栃木県日光市にある男体山なんたいさんの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二荒山
ふたらさん

男体山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の二荒山の言及

【猿丸大夫】より

…《猿丸大夫集》もあるが,これは古歌を集めたもので,猿丸大夫その人の作とはいえない。歌人としてよりも,広く伝説化して知られ,下野国二荒(ふたら)山信仰にもとづいた猿丸大夫の話は有名である。林道春の《二荒山神伝》によると,昔,有宇中将という殿上人が勅勘をこうむり,奥州小野郷の朝日長者の客となり,長者の娘を妻として子をもうけ,その名を馬王と呼ぶ。…

【男体山】より

…標高2484m。二荒(ふたら)山,日光山,黒髪山ともいう。北東には大真名子(おおまなご)山(2375m),小真名子山(2323m),女峰(によほう)山(2464m),赤薙(あかなぎ)山(2010m),北西には太郎山(2368m),山王帽子(さんのうぼうし)山(2085m)が連なり,戦場ヶ原,湯ノ湖を隔てた白根山(日光白根)などとともに日光火山群を形成する。…

※「二荒山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二荒山の関連キーワード二荒山神社(栃木県宇都宮市)二荒山神社(栃木県日光市)栃木県宇都宮市馬場通り日光男体山遺跡日光二荒山神社栃木県宇都宮市東照宮千人行列日光国立公園栃木県日光市蟇目の神事日光の社寺小杉 放庵日光東照宮紀・清両党日光火山群二荒山神社日光[市]瀬登太刀北ノ富士芳村正秉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android