コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重積分 にじゅうせきぶん

1件 の用語解説(二重積分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重積分
にじゅうせきぶん

重積分」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二重積分の言及

【重積分】より

…1変数の関数の積分を単一積分というのに対応してつけられた名称である。例えば,xy平面上の領域Eの上で定義された関数f(x,y)の,Eにおける二重積分(2変数に関する重積分)はと記される。とくにEが長方形axb,cydのとき,f(x,y)が適当な条件を満たせば(例えばf(x,y)がEで連続ならば),二重積分は単一積分の反復の形に書き直すことができる。…

【積分】より

…各Kijの中に任意の点(ξij,ηij)をとり,1変数の場合の(1)と同様に,を考える。xixi-1,yjyj-1の最大値が0に近づくように分点を増していくとき,(4)の値が分点xi,yjや点(ξijij)のとり方に無関係な一定の値Sに限りなく近づくならば,と書いて,これを関数fEにおける二重積分,または単に積分という。これに対して,前に述べた1変数の積分を単積分と呼ぶことがある。…

※「二重積分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二重積分の関連情報