コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五元集 ゴゲンシュウ

デジタル大辞泉の解説

ごげんしゅう〔ゴゲンシフ〕【五元集】

江戸中期の俳諧集。4冊。榎本其角(えのもときかく)自撰、小栗旨原(おぐりしげん)編。延享4年(1747)刊。其角自撰の千余句の発句集「五元集」、句合わせ「をのが音鶏合(ねとりあわせ)」、旨原編の「五元集拾遺」からなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごげんしゅう【五元集】

俳諧撰集。三巻四冊。榎本其角著。百万坊旨原編序。1747年刊。其角自選発句集である「五元集」、鶏合わせに因んだ句合わせ「をのがね鶏合」、「五元集拾遺」を収める。 〔延宝・天和・貞享・元禄・宝永の五元にわたる発句集の意〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五元集の関連キーワード腰抜け風呂榎本其角宝井其角喧嘩買ひ善くぞ新花摘七つ毛星合ひ日の春腰押し貞享山蔓

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android