コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五元集 ゴゲンシュウ

デジタル大辞泉の解説

ごげんしゅう〔ゴゲンシフ〕【五元集】

江戸中期の俳諧集。4冊。榎本其角(えのもときかく)自撰、小栗旨原(おぐりしげん)編。延享4年(1747)刊。其角自撰の千余句の発句集「五元集」、句合わせ「をのが音鶏合(ねとりあわせ)」、旨原編の「五元集拾遺」からなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごげんしゅう【五元集】

俳諧撰集。三巻四冊。榎本其角著。百万坊旨原編序。1747年刊。其角自選発句集である「五元集」、鶏合わせに因んだ句合わせ「をのがね鶏合」、「五元集拾遺」を収める。 〔延宝・天和・貞享・元禄・宝永の五元にわたる発句集の意〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五元集の関連キーワード腰抜け風呂榎本其角宝井其角喧嘩買ひ星合ひ新花摘七つ毛善くぞ腰押し日の春貞享山蔓

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android