コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連衆 レンジュ

デジタル大辞泉の解説

れん‐じゅ【連衆】

《「れんじゅう」とも》
連歌連句の会席に出て詠み合う人々。
江戸幕府で、連歌始めのとき、連歌師とともに出席した役。多くは神官・僧侶が任ぜられ、寺社奉行の支配下にあった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんじゅ【連衆】

連歌,俳諧用語。連歌や連句を共同制作するために集まる会衆。精神共同体の一種で,一人一人は社会的肩書をはずして参加し,我意を張らず,一の定めに従うことを要求された。また酩酊,雑談,放笑,居眠りなども禁じられた。もっとも,当座に参加せず,回状形式で連句を制作する場合も,作者は連衆と呼ばれた。連衆の数には特に制限はないが,百韻の制作では10人前後が最適とされた。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

れんじゅ【連衆】

連歌・俳諧の座に列する人々。連歌では会衆かいしゆうともいう。 「其の日の-に加はりた/咄本・昨日は今日」

れんしゅう【連衆】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の連衆の言及

【座】より

連句制作のための集会または会席をいう。その構成要員は,一座をさばく師範格の宗匠と,宗匠を補佐しつつ句を懐紙に記録する書記役の執筆(しゆひつ)と,一般の作者である複数の連衆(れんじゆ)から成る。彼らが参集して連句一巻を共同制作することを,一座を張行する,または興行するという。…

※「連衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

連衆の関連キーワード添え香炉・添香炉水無瀬三吟百韻芭蕉(俳人)湯山三吟百韻談林十百韻連衆・連中加藤重五斎藤如泉出合遠近笹屋騏六点取俳諧泉 鏡花中川宗瑞土屋永輔水田正秀笠着連歌一炷開き土屋昌仙独り聞き歳旦帳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android