連衆(読み)レンジュ

  • つれしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

連歌,俳諧用語。連歌や連句を共同制作するために集まる会。精神共同体の一種で,一人一人は社会的肩書をはずして参加し,我意を張らず,一の定めに従うことを要求された。また酩酊,雑談,放笑,居眠りなども禁じられた。もっとも,当座に参加せず,回状形式で連句を制作する場合も,作者は連衆と呼ばれた。連衆の数には特に制限はないが,百韻の制作では10人前後が最適とされた。【乾 裕幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「つれしゅ」とも) 連れの人。連れの仲間。同伴者。また、取巻連中。つれし。
※評判記・色道大鏡(1678)四「客一人かつれ衆(シュ)あるかと尋べし」
〘名〙
① 連歌・俳諧の会の席につらなる人々。連句をつくる仲間。〔文明本節用集(室町中)〕
※御伽草子・猿源氏草紙(室町末)「天下の宗匠へ案内申、各れんしゅ参られけり」
② 江戸幕府の職名の一つ。連歌始めの際、連歌師とともに登城して連歌の席に加わるもの。また、その人。多くは神官、僧侶が任じられ、寺社奉行の支配に属す。祿はない。
※嘉永二年大成武鑑(1849)(古事類苑・文学一二)「御連歌師〈略〉同御連衆」
③ 仲間。連中。
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)五「尤此連衆(レンジュ)鉄の門にても踏破りかぬる者共にはあらね共」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の連衆の言及

【座】より

連句制作のための集会または会席をいう。その構成要員は,一座をさばく師範格の宗匠と,宗匠を補佐しつつ句を懐紙に記録する書記役の執筆(しゆひつ)と,一般の作者である複数の連衆(れんじゆ)から成る。彼らが参集して連句一巻を共同制作することを,一座を張行する,または興行するという。…

※「連衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連衆の関連情報