コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜寒帯湿潤気候 アカンタイシツジュンキコウ

大辞林 第三版の解説

あかんたいしつじゅんきこう【亜寒帯湿潤気候】

亜寒帯気候の一。年間を通じて雨量が多く、特に冬季は多量の積雪をみる。北部はタイガ地帯、南部は酪農・混合農業地帯。スカンディナビア半島・ヨーロッパ-ロシア・シベリア西部・サハリン・北海道・カムチャツカ半島・アラスカ・カナダに分布する。冷帯多雨気候。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜寒帯湿潤気候
あかんたいしつじゅんきこう

冷帯多雨気候」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

亜寒帯湿潤気候の関連情報