コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人体らし/仁体らし ジンタイラシ

デジタル大辞泉の解説

じんたい‐ら・し【人体らし/仁体らし】

[形シク]人品がよく見えるさま。人柄がりっぱである。
「―・しき人をつれ来て、我を見せけるに」〈浮・一代女・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんたいらし【人体らし】

( 形シク )
人品があるように見える。 「 - ・しき人をつれきて/浮世草子・一代女 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人体らし/仁体らしの関連キーワード浮世草子人品