コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人柄 ヒトガラ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐がら【人柄】

[名・形動]
その人に備わっている性質や品格。「人柄がいい」「りっぱな人柄
性質がよいこと。品格がすぐれていること。また、そのさま。
「あのお嬢さん中々―な美しい方じゃないか」〈野上真知子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとがら【人柄】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
自然に感じ取られる人の性質や品格。じんぴん。 「 -がいい」 「 -を見る」
品格がすぐれている・こと(さま)。 「おとなしやかで、-で、利発なお方と思ひしのみ/当世書生気質 逍遥」 「目の清らかな、眉の濃い、二十八九の-な兄哥あにいで/歌行灯 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

人柄の関連キーワード人を見て法を説け圭角が取れる心が引かれる当世書生気質圭角がとれる人を見る目善さ・良さ猿に烏帽子文は人なり角が取れる人状・人様人物主義温柔敦厚人が悪い人が好い薄っぺら法師勝り傍ら無し人物考査惚れ込む

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人柄の関連情報