人柄(読み)ひとがら

精選版 日本国語大辞典「人柄」の解説

ひと‐がら【人柄】

〘名〙
① 人の性格。ひととなり。また、人の品格。人品。
※伊勢物語(10C前)一六「人がらは心うつくしく、あてはかなることを好みて」
② (形動) 品格のよいこと。また、そのさまや、よい品格をそなえた人。よい人物
今昔(1120頃か)二四「此人、形(かたち)有様よりて、人柄なむ有ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人柄」の解説

ひと‐がら【人柄】

[名・形動]
その人に備わっている性質や品格。「人柄がいい」「りっぱな人柄
性質がよいこと。品格がすぐれていること。また、そのさま。
「あのお嬢さん中々—な美しい方じゃないか」〈野上真知子
[類語]人物人間人となり人格器量度量うつわにん人間性品格徳性人品性格性質性向性情気質たちしょう性分しょうぶん気性きしょう気立て心柄こころがら心根こころね心性しんせい品性資性資質個性キャラクターパーソナリティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android