コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好色一代女 こうしょくいちだいおんな

6件 の用語解説(好色一代女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

好色一代女
こうしょくいちだいおんな

浮世草子井原西鶴作。6巻6冊。貞享3 (1686) 年刊。西鶴好色物の最後を飾る作。『好色五人女』に続いて,女性の側からの好色を描く。恋にやつれた2人の若者が山中に好色庵を訪れ,庵主から懺悔話を聞くという形式。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうしょくいちだいおんな〔カウシヨクイチダイをんな〕【好色一代女】

浮世草子。6巻。井原西鶴作。貞享3年(1686)刊。生活苦と性欲のために身をもちくずす女の生涯を、24章に分けて描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

好色一代女【こうしょくいちだいおんな】

井原西鶴浮世草子。好色物。1686年刊。6巻24章よりなる。洛北嵯峨の好色庵庵主の老女が二人の青年に自分の愛欲生活を物語るという形式。公卿の息女に生まれ,不義の恋がふり出しで,以後転々と,当時の女性の職業のほとんどにつきながら惣嫁(そうか)(江戸の夜鷹(よたか)に当たる私娼(ししょう))にまで身を落とす好色遍歴を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょくいちだいおんな【好色一代女】

浮世草子。井原西鶴作。1686年(貞享3)刊。6巻24章。嵯峨の好色庵に隠棲している老女が,訪れて来た2人の若者のもとめに応じて,その身一代の好色生活を語るという趣向のもとに展開する作品。11歳で公家奉公に出るが不義をはたらいて追い出され,踊子,大名の妾などをしたあと,島原の遊女となり,最高位の太夫をふりだしに,天神,囲(かこい),さらには最下位の端(はし)女郎にまで落ちぶれて年季を終える。以後,寺の梵妻(だいこく),女祐筆,腰元,歌比丘尼(うたびくに),髪結,お物師,茶屋女,小唄の師匠,扇屋の女房,蓮葉女,私娼,惣嫁(そうか)等々,当時の女性がつくことのできるほとんどすべての職業にたずさわりつつ,好色遍歴を続ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうしょくいちだいおんな【好色一代女】

浮世草子。六巻。井原西鶴作。1686年刊。元禄期の女性の愛欲生活の種々相を、一代記の形をかりて、淪落りんらくし後世を願う老女の懺悔ざんげ話の形式で描いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

好色一代女
こうしょくいちだいおんな

井原西鶴(さいかく)の浮世草子。1686年(貞享3)6月、大坂・岡田三郎右衛門より刊行。6巻6冊。洛西(らくせい)嵯峨(さが)の山かげ好色庵(こうしょくあん)で、2人の青年が庵主の老女から一代の懺悔(さんげ)告白を聞く筋(すじ)を構えた24の短編小説よりなる。宮仕えをしていた少女が不義の恋により追放され、一家の窮乏を救うため、踊り子を振り出しに、大名の妾(めかけ)、さらに京都島原遊廓(ゆうかく)の遊女となる。太夫(たゆう)から天神、囲女郎(かこいじょろう)へと身を落とし、大坂新町の端(はし)女郎へと流転の生涯が続く。坊主の妾、女筆(にょひつ)指南、町家の腰元奉公、武家の表使い、歌比丘尼(うたびくに)、髪結い女、嫁入りの介添女、裁縫師、茶の間女、中居女、茶屋女、風呂屋者(ふろやもの)、扇屋の女房、問屋の蓮葉(はすは)女と、あらゆる職業を転々と流れ歩く。ついには、暗物(くらもの)、夜発(やほつ)といった最下層の私娼(ししょう)にまで淪落(りんらく)してしまう。ある日、五百羅漢(らかん)の像に、かつて交渉のあった男たちのおもかげをみいだし、無常を観じ投身自殺を図るが果たせず、尼となり菩提(ぼだい)の道に入ったという筋である。張文成の『遊仙窟(ゆうせんくつ)』や蘇東坡(そとうば)の『九相詩』などの中国文学の影響も受け、また中世小説『三人法師』以来の懺悔物の流れを受けてはいるが、人生の暗黒面を経験した1人の女性の生涯に焦点をあわせて、転変たる運命を描き、人生の深淵(しんえん)をのぞくような深い人間観照を示す風俗小説の傑作となっている。[浅野 晃]
『吉井勇訳注『好色一代女』(角川文庫) ▽村田穆校注『新潮日本古典集成 好色一代女』(1976・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

好色一代女の関連キーワード井原西鶴好色五人女西鶴織留西鶴諸国はなし大句数町人物西鶴諸国ばなし武家物春の太鼓けいせい色三味線

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

好色一代女の関連情報